前 職

自営業

在籍道場生/松本 直彦 Matsumoto Naohiko

座右の銘

常に差別化

Dreams and ambitions

ロボットの力を使い北海道の食を世界に届ける

私が澤田経営道場に入門した理由として、「ロボットの力を使い北海道の食を世界に届ける」と考えている為です。

元々、私はサラリーマンを経て4年前から輸入販売業をしておりましたが、
2019年8月頃に北海道にある飲食店の経営権を譲渡されました。

大変特徴のある飲食店で、商品に道内産の食材を多く使っており、私が直接接客する事もあったのですが、料理を出した時、新規でご来店していただくお客様の多くが「すごい」と声を上げて喜んでくれたり、子供さんもとても笑顔になってくれるのを直接肌で感じました。
この北海道の食を日本全国はもちろん、世界に届け、お客様に「サプライズ」を届けたいと考えております。

しかし、年々、消費税UP、人件費、材料費の上昇もあり、このままでも展開する事は出来るであろうが永続的に展開する事は難しいのではないかと考えました。
そこで、今後はロボットの力を使い飲食店の様々な課題を解決する事で、全国展開しその後に世界展開する計画です。

「皆がハッピーになる事は必ず成功する。」
澤田理事長の本にも記載されていることで、私もまさにその通りと考えており、ロボット技術を使う事で、お客様、従業員、取引先、経営者、の皆がハッピーになるよう北海道の食を届けたいと考えます。

2020年5月の現時点で新型コロナウィルスの影響で様々な業種の存続可否が問われていますが、私は、歴史を振り返るとまた人類はこの困難を解決し今まで通りの生活が出来ると考えていますし、そうなる事を想定して事業を計画し澤田経営道場の設立主旨である「世界で活躍する人材」となるべく精進致します。